広告宣伝に設置しやすいバナースタンドのプリントを依頼しよう

バナースタンドは、薄手の素材のスクリーン等にプリントして広告用の看板として使う物で、比較的軽量で持ち運びが楽で組み立てやすく、保存に場所を取りにくいメリットがあります。室内にも置けますが、耐水性の高いスタンドや素材を使えば、屋外の利用も可能になります。
巻き込み式にして、必要に応じて引き出して立てかけて使ったり、壁掛けのようにして吊して利用したり、ハトメで固定するタイプもあります。大きいサイズの物は、幅の広いスタンドを利用して立てかける使い方も出来ますし、幅が狭い物を数種類使って、複数のスタンドを並べるようにして使っても、強い印象を残すでしょう。丈夫なスクリーン素材に広告を印刷して、上下の部分に骨組みを渡して、フックを使って引っかけるようにし、張るように渡せば、壁のように広く使えます。

それぞれの広告に向く使い方とは

バナースタンドは、巻き取り式のロールアップタイプが最も設置しやすいです。展示場やイベント会場に使うのに向いていて、煩雑な組み立て作業が不要で、掛け軸のように引き下ろして立てかけるだけで済みます。しまう際もそのまま巻くだけです。巻いた後の反りやシワが付きにくい素材もあります。
組み立てるタイプは、広告を台に固定して使います。ハトメなどの部品で付けるだけですので、あまり難しい工程はありません。組み立てタイプでもコンパクトに収納できる物があります。耐水性がある素材や部品があり、ビヤガーデンなどの屋外の飲食店等の看板や、イベントのお知らせの広告や案内を外に出したい場合にも向いています。
吊してかけるタイプの大判のタイプは、タペストリーのように使え、台の足が見えにくくなっています。連結する部品を使って、大型の展示物も作れます。受付の背後に置かれたり、売り場や展示イベントで目立たせたい時に使うことも可能でしょう。

スクリーンの素材とプリントを依頼するには

バナースタンドに使われているスクリーンは、丈夫な化繊の布や合成紙が使われています。合成紙は、発色が良く、写真やデザイン性の高い広告に向いています。使用するうちに、端に巻きぐせが付きやすくなることがあります。
布製にはポリエステル繊維が使われ、フィルムコートがされて、くせを付けにくくしたり、ビニールコーティングをして丈夫にしたりします。板状の広告代わりに使われるスクリーンには、防炎加工されている物もあり、丈夫で畳みじわも付きにくくなっています。
プリントをするには、業者のサービスサイトに依頼すると、デザインが入稿しやすく、納期が早い場合があります。自分でデザインが難しい場合には、テンプレートが用意されていることもありますし、オリジナルデザインにする場合は、専用のイラスト用のソフトがあれば、データを作ってインターネットを使って送信することも可能です。