効果的に見せるバナースタンドのプリント方法

店舗のPRとして看板は役立つアイテムとなりますが、看板にもさまざまな種類があります。
道路に面している店舗の壁面にあいたスペースがあれば、壁に直接印刷をすることもできますが、賃貸物件になると条件が設定されていて建物にはプリントができないということもあります。また、横断幕のように取り外しができるものを常時取り付けをしておくという方法もありますが、他の店舗も入っているような場所であれば、自分の店舗のPRを行うための壁面がないということもあります。
バナースタンドであれば、どんな場所でも設置することができるのでとても活躍をします。閉店時間には店内に移動ができたり取り外しも可能なので、シーズンに合わせていろいろなプリントを施して活用ができる応用力も持っています。

用途に合わせて選ぶことができる

バナースタンドは、スタンドと印刷盤面の2つのパーツから成り立っています。
スタンドは、雨や風にも安心のしっかりとした作りになっており、コンパクトでありながらも高さでアピールすることができるため、展示会やイベントで限られたスペースしかないという場合にも役立ちます。横断幕であれば、設置できる平面の壁を探したり、紐でくくりつけるための突起物が必要になりますが、スタンドがあればどこでも置くだけの手軽さがあります。
印刷盤面は、スタンドにフックで引っ掛けるだけの手軽なものから、ロールアップをするものになると一瞬で設置や撤去をすることができて時間を取りません。一つスタンドを購入しておけばそのサイズで印刷盤面だけを発注することができるので、シーズンやイベント内容に合わせた旬な情報をプリントすることができます。

スペースに合わせた豊富なサイズバリエーション

バナースタンドは、用途に合わせた豊富なサイズバリエーションがあるので、置いたことで邪魔になるということはありません。
多く利用されているものでは幅90㎝高さ2mほどのサイズですが、小さなものでは幅90㎝高さ1mほどから用意されているので、人の視線を遮ってしまうこともありません。
また、大きなものになると2m四方サイズまであるので、イベントで隣のブースとの仕切りとして活用したり、壁紙のようにも活用ができます。
カーブをした場所であっても、幅の狭いものをいくつも並べたりと応用力もあるので、どんな場所でも活躍をします。
スタンドの支えもコンパクトなので、奥行きが狭い場所でも邪魔になることがなく、それでいて安定した作りなので屋外での使用であっても安心です。