プリントを利用したバナースタンドのメリットについて

屋外でお店の宣伝などに活用できる広告ツールがバナースタンドです。簡単に設置できることから、制作費用も安く費用対効果が高いのが利点と言えます。いわゆる立て看板ですが、広告をプリントしたロールスクリーンを使うことでさらに簡単に作成できるようになっています。ロールスクリーンを吊るすスタンドさえあれば、立て看板のようにどこでも設置できるので便利です。さらにスクリーンに印刷することで、鮮やかな色合いにすることもできます。遠くからでも目立つことになるので、集客効果を高めることができます。ロールスクリーンは用が済めば丸めて持ち運びができるので、複数の場所で使用する際にも便利に活用できます。またロールスクリーンの素材も色々と用意されているので、用途に応じて選ぶことができます。

知っておきたいロールスクリーンの種類について

バナースタンドに使用するスクリーンには色んな素材のものがあります。雨風にも強い素材もあるので、どのような天気の日にでも安心して使える素材もあります。プリントは大判のプランターを使うものや、安価に印刷できるオンデマンドによるものなど様々です。スクリーンの大きさにもよりますが、大抵はネットサービスを利用して作成することができます。フルカラーであれば目立ちますし、選ぶ素材によっては発色もかなり良くなります。印刷も簡単に行えるので、複数のロールスクリーンを用意しておけば、一箇所の会場で様々な宣伝活動をすることも可能となります。印刷料金もかなり安いので、いくつかの絵柄のパターンを用意しておいて、反響をチェックしながら変えてみるという活用方法もあります。

バナースタンド本体にも色んな種類があります

ロールスクリーンを吊るすスタンド本体も、実は色んな種類があり選ぶことができます。最も簡単なものがロールアップと呼ばれる下からスクリーンを引き上げるタイプです。設置場所もほとんど不要となりますし、折りたためばコンパクトになるので持ち運びに便利です。それに対して掛け軸のように吊るすタイプは、かなり大きなスクリーンでも設置できるものとなります。スクリーンにプリントする場合には、大判のプリンターで出力します。他にもハトメ型など色んな形のものがありますし、設置場所や屋外環境に応じて選ぶことができます。絵柄の印刷も通販を利用することで簡単に注文できるので、必要な時にすぐ手配することが可能です。通常の立て看板よりも大きな面積に迫力のある宣伝をすることができます。